ほのぼのハウスとは

もう100年先も里山に子供たちの笑い声を

岡山県美作市のはずれにある小さな農園小さな子どもを4人抱える家族経営。中国山地の山なみの中にある景色が気に入り、2014年に開拓を始める。10年以上も放置された農地の開拓から始め、毎年1haずつ開墾し、18年現在の規模は田んぼ1ha、畑4ha、鶏150羽。2018年現在、開拓開墾5年目にしていよいよ開墾開拓の実りを。

子育てと農作業に追われながらも、にぎやかで楽しい毎日を送る。待望の4子目、拓実君誕生の予感。働く家族やスタッフの健康を第一に子どもと地域の未来のため、消費者の皆さまに当たり前のものを提供するため農薬、化学肥料、添加物などを一切使わずに日々農業にいそしむ。また、製造販売だけでなく、季節の収穫体験や農業体験など、農場でしか味わえない美味しさ、経験を提供していくイベントを通年予定。

ほのぼのハウスの活動